松村 壽久 自己紹介へ

台風14号の影響で東大寺境内の杉の木が倒れていました

2020/10/13(火) 日々のこと松村 壽久


日曜日に東大寺境内を散歩しておりますと、手向山八幡宮に入る階段の横の古木が倒れていました。
境内には枯れかけの杉の木が多く、今回の台風も幸い奈良市内はそんなに影響がないと思っていたのですが、結構小枝が折れていたりしておりました。

帰り道、二月堂から正倉院に向かう途中に境内の祭事用のもち米づくりの為の田んぼがあります。
稲の穂が全て倒れていました。

私たちは家の中で安全に過ごしておりましたが、かなりの強風であったことを知らされました。
やはり、我々の住む住宅も形やデザインにこだわるのも良いですが、安全で頑強な住宅が必要だなあと考えながら帰路につきました。


LINE公式アカウントで定期的に家づくりのお役立ち情報やイベント情報などをお届けしています。
LINEから直接ご質問・ご相談いただくことも可能です♪

↓↓友だち追加はこちら↓↓

友だち追加

1ページ (全23ページ中)