耐震診断

アイフルホームでは耐震診断をおすすめします。見た目だけでは判断することが難しい住宅の状態を、専門知識を持つプロが検査し、状態を見極めることができるサービスです。

【耐震診断はこんな時におすすめ】

  • ●住んでいる住宅の耐震性が不安
  • ●家族の命や大切な財産を守りたい
  • ●リフォームの前にしっかり調べたい
  • ●自宅の売却を検討している

耐震診断

耐震性能がわかる。

建物の検査は、木造一戸建ての場合2~3時間程度かけて計測および目視にて行います。

図面チェック

間取り・仕様の確認。

まずは図面のチェックを実施し、その後、現地にて間取り、部材の劣化状況を検査します。

検査は計測および目視にて行います。

家の形は、正方形や、正方形に近い長方形が地震に強い形です。家を囲む6つの面が一体となり、地震からのエネルギーが平均して伝わり、全体で支えるからです。

逆に、「L字形」や「コの字形」など、凸凹の多い複雑な形の場合は凹んだ入隅部分にエネルギーが集中しやすく、建物のゆがみやねじれが生じやすくなります。

1階の一部が駐車場、2階が建物の左右に片寄っている、平屋建てに2階を載せて増築したなどの場合も弱いとされています。

ただ、そんな場合でも、壁の量を増やしたり梁や柱が補強されていれば強くなります。

現地検査

図面チェックと現地検査の結果から耐震性能を数値化して評価します。

診断結果は詳細なチェックシートや現場写真をまとめた「耐震診断書」として報告いたします。

問題がない場合は耐震基準適合証明書を発行できます。

オプション

耐震基準適合証明書

耐震性能が基準に適合している場合に耐震基準適合証明書を発行します。

耐震基準適合証明書があると税金控除が受けられます。

※税金控除の詳細は「国土交通省ホームページ」をご参照ください。

耐震基準適合証明書

耐震性能が基準を満たしていない場合のオプションとして補修計画の提案をします。

主な検査項目

現地で確認する検査項目一覧。

  • 小屋組(下屋部分を含む)の劣化状況の確認
    小屋組(下屋部分を含む)の劣化状況の確認
  • 外壁の劣化状況の確認
    外壁の劣化状況の確認
  • 開口部廻りの劣化状況の確認
    開口部廻りの劣化状況の確認
  • 基礎のひび割れ、劣化、鉄筋の本数および間隔の確認
    基礎のひび割れ、劣化、鉄筋の本数および間隔の確認
  • 土台および床組の劣化状況の確認
    土台および床組の劣化状況の確認
  • 内壁の劣化状況の確認
    内壁の劣化状況の確認
  • 床の劣化状況の確認
    床の劣化状況の確認

その他にも【シロアリの被害状況の確認】や【木材の腐朽状況の確認】など。

いくら新築時に強い家であっても、時間が経つことで老朽化し、構造上重要な部分が劣化してしまえば、耐震性は下がります。

基礎や土台、特に老朽化しやすい浴室やキッチン、玄関まわりの基礎や土台が押してみて崩れていないか、羽アリがいないか、床下を確認する必要があります。

柱の傾きや、トビラや窓の開け閉めがしにくくなっていないか、屋根や軒先の線が波打っていないかも重要です。

床が傾いていたり、たわんでいる場合も腐朽が進んでいる可能性が高いので対策が必要です。

※更に詳しい内容はスタッフにお気軽にご相談ください。