制震構造

アイフルホーム次世代制震システムEVAS(イーバス)を新たに導入しました。これまでのグランドスクラム構法に加えて、粘弾性モノコック構造を合体しました。耐震に制震をプラスして、さらに安心・安全性能が向上しています。

次世代制震システム

繰り返しの地震に強いEVAS(イーバス)・高層ビルの制震技術を採用。

地震エネルギーに対して吸収性の高い「粘弾性体」によって、家全体をまるごと包み込むことで、建物全体が衝撃を吸収するダンパーの役割を果たします。

地震による建物の変形量を、一般住宅より約1/2に低減します。

繰り返しの地震に強い家になります。

アイフルホームの次世代制震システムEVAS(イーバス)は、防災科学技術研究所などで実施された数多くの実験データーを基に開発された制震システムです。

※プランや敷地条件、地震の規模や揺れの方位等によっては建物の変形量の低減率が異なります。

制震効果(シミュレーションによる分析結果)

地震の際、「粘弾性体」が、地震エネルギーを吸収し、建物の変形量を小さく抑えます。

これまでのグランドスクラム構法に加えて、粘弾性モノコック構造を合体しました。耐震に制震をプラスして、さらに安心・安全性能が向上しています。

「地震大国」と言われる日本。頻発する地震。いつ、どこで起こるかもしれない大地震。大切な家族や資産を守るため万全の備えが必要です。

アイフルホームは住宅性能表示制度の耐震等級で、最高等級3相当を実現しています。

※更に詳しい内容はスタッフにお気軽にご相談ください。