耐震構造

アイフルホームでは「適切な地盤調査」や「基礎計画」、グランドスクラム構法による「強い構造体」はもちろん、「優れたバランスの耐震設計」を行うことで、地震に強い家を実現しています。

テクノスター金物

接合部の強度を高めることが、安全・安心の住宅づくりへと進化できる方法です!

阪神・淡路大震災で倒壊した家のもっとも大きな問題点は、木と木の接合部の強度不足でした。

その接合部の弱さで多くの一般住宅が倒壊しました。

しかし、アイフルホームの家は一棟の倒壊もありませんでした。 当時の在来軸組工法でも全・半壊はありませんでした。

現在の耐震技術は更に進歩しました。

接合部の強度を高め、構造全体の品質を安定させた、「テクノスター金物」が支えているので、より地震に対して安心な構造になっています。

構造用集成材

木材は、乾燥する過程において反り等が生じます。

特に、無垢材は集成材に比べ含水率が高いため、ねじれ、曲がり、そり等が生じやすくなります。

このような現象が建設中に生じると、大工工事の施工精度に悪影響を及ぼします。

また、住宅完成後に反り等が生じると、壁や床がたわんだり、壁紙にひび割れが発生したり等の不具合が発生しやすくなります。

そのため、アイフルホームでは、住宅を建てた後の性能を長く維持するために、品質にばらつきが少なく、ねじれ、曲がり、そり等が少ない集成材を無垢材から変えて採用しています。

剛床工法

地震の揺れの力は、縦と横だけではありません。ねじれ・歪みが怖いんです!

地震で接合部が壊れやすいことは、テクノスター金物の項目でも記載いたしました。

ねじれ・歪みによって、接合部に負荷がかかります。

それを軽減させるために、28ミリ厚の床合板を使用します。

28ミリ厚の床合板により地震に対しより安全な構造になっています。

また、歩行時のたわみ、床鳴りの軽減、火災時にも燃え広がりにくくもなり、4役を担っています。

剛床工法も阪神大震災の後に改良された工法の1つです。

通気工法

ガラスと同じように、壁の中も結露するって知ってましたか?

断熱材が湿気でダメになっている写真を見たことがあるでしょうか?

断熱材というより壁の中に湿気が入ることと、壁の中の通気が出来ていないことが大きな原因と考えられています。

結露は空気があり、温度差が生まれれば発生します。

壁の中に湿気が入った場合、その湿気を逃がす工法もできている必要があります。

結露があると、腐朽菌、シロアリなどから、断熱材や柱、梁も守れません。

長年安心して過ごすと同時に、長く地震に強い、長期的に丈夫な住宅であるために必要な工法なのです!

地盤調査

家を支えるのは地盤です。目に見えない地耐力を知るところから家づくりをはじめます。

地盤の状態は目に見えません。

何の問題がないように見える地盤であっても、軟弱な地盤が原因で不同沈下が発生するケースはめずらしくありません。

不同沈下などによって、ひとたび家が傾くと、構造の強度低下や生活上のさまざまな支障が起きてきます。

どんなに優れた構造であっても、それを支える地盤の状態が悪ければ、その強さを発揮することはできません。

アイフルホームでは、家を建てる敷地の状態を知るために、地盤調査を実施し、家を支える力があるかどうか地盤の地耐力を綿密に調べ、調査結果、分析結果とともに、建築計画に最適な基礎仕様をお客様にご提案します。

基礎計画

家の荷重ばかりでなく、地震などの強力な外力が加わる基礎だから、アイフルホームは、十分な配筋量を確保した鉄筋コンクリート造の基礎を施工します。

過剰な配筋は無意味なコストアップにつながります。

アイフルホームでは、建物の間取りや重さのバランスに応じた鉄筋の寸法、間隔、数量等を決定した上で、鉄筋コンクリート造の基礎を施工しています。

基礎は建物のいちばん下で建物の重さを地盤に伝え、家の荷重を支持し地盤を固定する構造。

布基礎は、鉄筋で補強された逆T字型の帯状の連続的に一体化した構造をもち、上部からの力や地盤の構造等によって不同沈下を防いでいます。

ベタ基礎は、床面全体に格子状に鉄筋を入れ、床面にコンクリートを打つ基礎です。

通常の条件であれば、木造住宅の基礎は布基礎で十分ですが、家の荷重が重い場合や地耐力が不足している場合にはベタ基礎で、家の荷重を支持し地盤に固定させます。

耐震設計

どんなに強い部材を使っても、外部から設計のチェックを行わないと安心の構造とはいえません。

アイフルホームでは、耐震設計マニュアルと構造設計CADシステムで、設計するすべてのプランの耐震性能をチェックします。

耐震強度にとって重要な、壁量、壁の配置とバランス、接合強度のチェックを重ね、より安全性の高いプランを作ります。

耐震等級3相当の耐震性能

構造の安定、耐震等級の最高等級3相当の耐震性能を実現。

「構造の安定」は地震などの揺れに対して、住宅が倒壊や損傷に耐えうるレベルを表します。

アイフルホームは、この項目において「耐震等級3」相当の性能を実現しています。

耐震等級3とは?

住宅性能表示制度の耐震等級3とは、3段階ある中の最高等級で、数百年に一度発生する地震の1.5倍の揺れに対しても倒壊しないレベルを表します。

※更に詳しい内容はスタッフにお気軽にご相談ください。