スタッフブログ

毎週 火・木・土 更新

アイフルホームの窓基準

別所

当社ではLIXIL様の「サーモス」という窓を基準とさせていただいております。
ですが窓って何がどう違うのかわからないという方も多いと思いますので、
今回は「サーモス」の性能についてお話させていただきます。

日本の窓のフレームは大きく分けて「アルミ」と「樹脂」の二種類あります。
アルミは耐久性・意匠性・採光性に優れ、樹脂は断熱性・防露性に優れています。
サーモスはそんなアルミと樹脂の利点を融合したハイブリッド構造にさらに性能を
上げた窓となっています。

どういう風に性能を上げたか

フレームのスリム化による断熱性能の上昇

窓の断熱性能を高めるためには熱を通しやすいフレームを小さくし、熱を通しにくい
ガラス面を大きくする必要があります。
サーモスは独自の技術によりフレームを従来の1/2まで縮小し、ガラス面を最大化
することによって高い断熱性能を有しています。
さらにフレームと窓枠のラインを合わせることでフレームの露出を抑え、室内から
フレームが見えないようにすることで明るく広い窓辺を実現できます。

ガラスの高性能化

2枚のガラスとその間に空気の層を入れることで断熱効果を高める「一般複層ガラス」と、特殊金属膜の効果によって太陽熱の吸収・反射性が高く、一般複層ガラスの約2倍の断熱性能の「Loe-E複層ガラス」の2タイプをご用意。
さらにオプションで熱伝導率の低いアルゴンガスの封入も可能です。

ハイブリッド構造によるフレーム高性能化

室外側に耐久性や強度に優れたアルミを使用し、雨・風・日光による劣化を防止。
室外側には断熱性能に優れた樹脂を使用することで熱の出入りを抑えます。

以上の事から、従来のサッシより性能の高い窓となっているのが「サーモス」です。
また、優れた断熱性能で暖房時の熱の放出、冷房時の熱の侵入を抑えることにより、冷暖房の効率が上がります。
効率が上がることによって電気の使用量が抑えられるため、冷暖房費やCO2の排出量を大幅に低減させることが出来ます。

※記事内の画像 出典:LIXILカタログ


別所昂樹

工務部 設計別所 昂樹

まだまだ経験は浅いですが学校で学んだ知識そしてこれから身に着ける経験を組み合わせてアイフルホームでよかった!と思っていただけるよう頑張りますのでよろしくお願いいたします。

このスタッフの投稿一覧へ